BLOG

オンラインサロンやグルメに関して

  1. HOME
  2. ブログ
  3. article
  4. 予約困難店の予約ってどうしたらいいの?NIKUKAIに入って予約困難店に行こう!

予約困難店の予約ってどうしたらいいの?NIKUKAIに入って予約困難店に行こう!

飲食店は全国に80万弱あり、東京だけでも8万店舗もあります。毎日外食しても回りきれない程の飲食店がある中で、行きたくてもなかなか行くことができない飲食店があります。中には数年先まで予約が埋まっているという予約困難店も少なくありません。

予約困難店ってどうやって予約を取ればいいの!!

お店の名前は聞いたことがあるけれど、どうやって行けるのか、どのように予約を取ればいいのかわからないという方もいると思います。今回は予約困難店に行く方法について解説していきます。

予約方法の情報収集をしよう

予約の取り方はお店によってバラバラです。まずはそのお店がどのように予約を取っているかを確認しましょう。お店のHPや食べログ、公式SNSなどに記載されていますので確認しましょう。また、キャンセル枠の予約取得方法も公開しているケースがあります。キャンセル枠を利用することで、数年先まで予約がいっぱいのお店でも急遽行ける可能性がでてきます。

予約困難店の予約方法とは?

電話

予約困難店でなくても電話で予約を取るというのは通例です。ですが予約困難店となると多くの人が電話をかけるのでお店側は電話が鳴りっぱなしになってしまいます。そのため、予約困難店が電話で予約を取る場合は、予約開始の日時を決めているケースがほとんどです。
例えば、「毎月第一月曜日の10時から」など。どのくらい先まで予約を取るかというのもお店によって様々です。まずは予約がいつ開始されるのかを確認しましょう。
予約開始の日を迎えたらとにかく電話をかけつづけるだけです。電話はとにかく根気強く掛けつづけましょう。電話が集中するためNTTのガイダンスが流れます。ガイダンスが聞こえたらすぐに切って履歴から再度かけましょう。
スマホでかける場合はタッチペンを使うとスムーズに数多くかけることができるのでおすすめです。

OMAKASEやTable checkなどの予約サイト

OMAKASEやTable checkなどの予約サイトで予約受付をしているお店もがあります。この場合も予約開始の日時を指定しているケースがほとんどなので、その時間になったらお店のページに行って予約を取ります。ただ人気店ともなると瞬殺で予約を取られてしまうので、開始の数分前からお店のページで待機し、再読み込みをして予約開始を待つのがよいでしょう。
また不定期で予約開始されるケースもあるので、お気に入りのお店登録をしてお知らせメールを活用して、予約開始のチャンスを見逃さないようにしましょう。

常連の方と仲良くなって連れて行ってもらう

予約困難店の更に上には、『一見さんお断り』というお店が存在します。どこを探しても予約方法が見当たりません。新規のお客様を取っていないので、常連さんに連れて行ってもらうしか他に手だてがありません。この場合、グルメな人との人脈を増やし、常連さんにたどり着き仲良くなって連れて行ってもらいましょう。

予約代行サービスを使う

飲食店の予約代行をしてくれるサービスがあります。飲食店の中には予約困難店も含まれるのですが、予約困難自体が解消されるわけはなく、予約代行を使ったとしても予約困難店は予約困難店なのです。そのため、このサービスを利用しても予約できないケースが多いのでおすすめしません。

お店やオーナーさんのSNSをチェックしよう

SNSが流行ったことにより飲食店が公式のSNSを開設したり、オーナーさんが個人でTwitterやInstagramなどをやっているケースがよく見られます。その場合は、予約情報やキャンセル枠のアナウンスをしている場合がありますので、必ずチェックしてお知らせを見逃さないようにしましょう。

NIKUKAIに入って予約困難店にいこう!

ここまで話してきて予約困難店に行くのはなかなかハードルが高いことがご理解いただけたかと思います。そんな方はグルメ系のオンラインサロンに入ることをおすすめします。
グルメ系オンラインサロンのNIKUKAIでは予約困難店も解放しています。NIKUKAIオーナーの和牛ジャーナルをはじめ、NIKUKAIには多くのグルメ通が所属しています。ほぼ毎日のようにグルメ会が開催されていて、その中には予約困難店もたくさんあります。グルメ通の方と仲良くなることができるので、人脈もつくることができます。NIKUKAIに入って予約困難店に一緒にいきましょう!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事